プロが教えるお掃除のコツ

たった一つルールを守るだけで最速でお掃除できる訳

投稿日:

突然ですがあなたは左利きですか?右利きですか?

お掃除と利き手は関係ないと思われますが、
実は非常に関係があるのです 。

もしかして左利きの方が、少ないから早いとかそういう話?

残念ながら左利きでも、右利きでもどちらでも構わないのですが、掃除をする上でひとつだけ守ることがあります。

それは掃除をする循環 方向を守るということです。

私たちプロは、現場を下見して、その日一日のストーリーを描くことから始めます。

どこから掃除していけば、動きを止めずに掃除していけるか?

掃除機なのか?水を使うのか?掃除箇所や汚れ具合によって、掃除するストーリーが変化します。

簡単な一例を挙げてみると、掃除機をかけたいのに、床にホースが転がっていては、いちいちホースをどかしながら床を掃除しなければいけません。

これでは非効率となり、動きが一回一回止まってしまいスピードを上げることができないのです。

ですから、先に水を使う箇所を終了させて、ホースを片付けてしまった後に、掃除機をかけるというようなストーリーを描かなければいけないということがわかります。

さて、循環方向を守るというお話に戻ると、

右利きの方は、箒でもブラシでも右でもつと思いますが、掃き出す方向にちりとりや、掃除機の吸い込み口 を用意することで 、滞りなく掃除することができるのです。

方向で言うと反時計回りとなります。

部屋の場合で例を挙げると、右側から掃除していきます。

右手で掃く⇒左手で受ける

この順番で掃除をしていくと、前へ進むことができます。

右側のコーナーまで言ったら、正面、左の壁と進んで行くと元の位置にスムーズに戻ることが可能となりお掃除が完了します。

お掃除をする際に、いらないものなどが置いてあると、掃除しにくく、動きが止まってしまうのと同じく、お掃除をスムーズにかつ早く行うには、一連の動作を止めないで、移動距離をできるだけ短くするというのがポイントとなりますので上記で挙げた方法が、一番効率のいい動きとなるわけです。

もし左利きの方は逆に、左の壁から始め、時計回りに進むことで効率よく掃除することが可能となりますので、循環方向を意識してお掃除してみてください。

-プロが教えるお掃除のコツ

Copyright© FLYINGTO , 2021 All Rights Reserved.