プロが教えるお掃除のコツ

窓ガラスの掃除でプロが必ず守る事ー窓掃除が飛躍的にはやくなる方法

投稿日:

今回は私たちが窓ガラスを掃除する時に、気にしていることをご紹介したいと思います。

「窓ガラスをきれいにする方法」をいろいろ調べていると、色々な掃除の方法が出てくると思います。

多分あなたも、それでこのサイトにたどり着いたのかもしれません。

 

FLYINGTOでは、お掃除のトータルサポートを行っていますので、もしよければごらんください。

 

窓掃除のやり方はどの方法でも問題ないと思います。

えーじゃあ何で記事にしたの?怒られてしまいそうですが、私たちが気にしているのは、「掃除の方法よりも実は時間帯」なのです。

窓掃除をいくら効率よく行おうとも、時間帯を気にしないと、作業効率が上がらないのです。

窓掃除をする時間帯は、「ズバリ朝」です。

私たちの現場でも、「必ず窓ガラスは午前中」に仕上げるようにしています。

なぜかと言うと、窓ガラスいくら綺麗にしたところで、必ずと言っていいほど「拭きむら」が出てきます。

その際に「手直し」をしていくんですが、まず第一に明るくないとできません。

したがって、「朝の早い段階」で、一度仕上げてしまい、その後、「手直し」をするというのが「効率を上げるコツ」となります。

「手直し」とは、再度綺麗にするという意味です。

そして朝のうちは、「光がまだ柔らかい」ので、窓ガラスの反射もそれほど強くなく、拭きムラ箇所を見つけやすいというメリットもあります。

夕方の「西日」になると、「日差しがダイレクト」に入ってきて、「反射してしまいうまく見つけられない」ことがあります。

急に窓が綺麗にしたくなったからといって、「夜やる」と、次の日、全然綺麗になってなくてがっかり・・と「あまり効率的」ではありませんので、窓掃除をする場合は、「明るいうち」できれば「午前中の早い時間帯」にやることをお勧めします。

そうすることで窓ガラスの掃除が早く終えることができるようになるでしょう。

-プロが教えるお掃除のコツ

Copyright© FLYINGTO , 2021 All Rights Reserved.